園の紹介

保育理念

たくましいからだゆたかなこころ

くみあい保育園は、3才から5才と脳の基礎がほぼ完成する
この時期に子供の基礎をつくりあげるために
『たくましいからだ ゆたかなこころ(豊かな人間性の根本を培う)』を
保育目標に、自由に遊ぶ時間と団体で取り組む時間を設け、
園児の自由な発想社会性を育む保育につとめております。

教育方針

園長のあいさつ

本年で創立52年目になる、くみあい保育園は、日本でただ一つのJAの保育園です。「たくましいからだ ゆたかなこころ」を保育目標として、自由に遊ぶ時間と、体操や、歌、製作などのみんなで一緒に取り組む時間を設け、園児の自由な発想や社会性を伸長するに全職員が一丸となり取り組んでいます。
 また、JAの経営する保育園として、食育にもしっかり取り組んでいます。調理師さんも、子どもたちが毎日おいしく食べられるよう、地産地消を基本に味や栄養面においても研究をした給食作りに力を注いでいます。残菜が少ないことも自慢です。

木下 清仁園長

先生たちのあいさつ

JA加古川南くみあい保育園のここがスゴイ

  • 創立なんと今年で52年目
  • 子どもたちがのびのびと遊べる広い園庭
  • 地元の食材を使った家庭的な美味しい給食
  • 元気いっぱい子ども達の挨拶が聞こえます
  • 朝、保育士が子ども達をハグで迎えます
  • 小学校へ意識したチャイムでの保育
  • 季節や様々な音楽へ力を入れています
  • 製作、とっても上手に出来る名人になれます
  • 伝統で年長児は運動会で組体操を披露

保護者様のお声

こんにちは。くみあい保育園に入園して良かったことが沢山あります。毎朝担任の先生が門の前でおはようのギュー!をしてくれます。子どもも嬉しそうに大好きな先生の所まで走っていきます。園庭も広く遊具も沢山あるので子ども達ものびのび毎日遊んでいます。給食はJAさんの新鮮なお野菜やお米を使って作っているのでとっても美味しいです。とくに人気なのでが野菜いっぱいの筑前煮。入園当時毎日泣いていた息子も今ではお友達もできて行くのが楽しいみたいで良かったです。

給食調理員のあいさつ

JA加古川南くみあい保育園では、美味しく、家庭的な食事をモットーに、ご飯は当農協自慢のヒノヒカリをガス火で炊き上げ、地場産や国産にこだわった食材を使って食育に力を入れています。当園を卒園した園児の母親でもある熟練の調理師たちが、米飯にあうおかずを母親の目線で考え、野菜たっぷりの汁ものや園で作ったさつまいものおやつ等子ども達が心身共に元気にたくましく育ってほしいと願って給食を作っています。

当園の概要

施設名 JA加古川南 くみあい保育園
住所 〒675-0024 加古川市尾上町長田201-4
TEL 079-424-6134
開園時間 平日8:30~15:00/土曜日8:30~11:30
休園日 日曜日、第2土曜日、祝日
園長 木下 清仁
設立 昭和43年4月1日
職員 9人(うちパート3人)
対象年齢 3才、4才、5才
定員 3才:60人
4才:60人
5才:60人

TOPへもどる